キャッシング知識

money land

消費者金融借入れ

 ウシジマくんという漫画に過払い金で儲けた弁護士がバーで談笑している場面があります。これだけ過払い金で騒ぎになっているのだから、もはや利息制限法に反する金銭の借り入れは行われなくなるだろうという問いがなされます。それに対してその弁護士はそれでも借りる債務者はいなくならないだろうねと断言するのです。

 人間は愚かであるということを暗に示しているのかもしれません。もし人間のマジョリティが合理的になってしまったら、今のような多様性のある社会はないようにも思えます。水や食料を司る部門だけ残り、商売も画一化したものとなるでしょう。人間にはとめどない種種雑多な欲望があり、その需要に対応して多様な産業が作られているように思えます。文明とは暇潰しの類いなのかもしれません。

 だからこそ、その欲望をコントロールできなくなると、多様な欲望に対応した借金が重なり、消費者金融の戸を叩くということになるのかもしれません。そこには一見他人事のように見えて、気をつけなければ嵌まってしまうリスクが常に我々には付きまとっているとも言えるように思います。

キャッシングの上手な使い方

キャッシングは上手に使用しなければ返済が困難になってしまったりとちょっと困ったことになってしまったり、他の部分を節約しなければならないという事になってしまいます。

そうならないためにも、上手に使用していく事が大切になってきますので、上手に使用するためのポイントについてお話していきます。

まずは、一度に多額のお金を借りないという事です。多額のお金を借りてしまうとその分、毎月の返済額が増えるのですが、利息も増えてしまいます。

つまり多額のお金を借りると利息の額も増えて返済するのが大変になりますので、一度に借りる額はあまり多額にならないようにしていく事です。

自分の収入を見ながら、余裕がある返済ができるような額にとどめておく事が必要なのです。

次に、遊びのために使用しない事です。一度遊びのためにキャッシングを利用すると癖になってまた遊びのために借りてしまう事があるし、遊びのためにお金を借りていてはきりがないです。以上の事を把握して上手に使用します。